Red Notebook ディズニー 忍者ブログ
2020.02│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
ディズニーとか映画とか。All I can say is this: listen to me. My name is Raito. That is not my real name.
2019年11月22日 (Fri)
 

 とりあえず一回目を見てきました。レーザー IMAX字幕2D。
 映像のスケールが前作から格段にアップしており、とてもダイナミックだったのですが、エルサの姿に完全に字幕がかぶってる部分もあったのがちょっと残念。
 ちなみに、前作の感想はこんな感じです。→『『アナと雪の女王』と、お姫様ではない女の子の話』

 見た直後にブワーッと書いているので、まとまっていないですがご容赦ください。
 「続きを読む」以下は、ネタバレありの感想です。

 

PR
2019年07月19日 (Fri)
IMAXレーザー・2D字幕で鑑賞。いろいろ予定が重なって、見るのが遅くなってしまいました。ツイッターで映画クラスタとディズニークラスタをメインにフォローしているので、公開から24時間以上経ったのにまだトイストーリー4を見ていない…?正気…??みたいな雰囲気になってるけど、まだ公開1週間なので世間的にはセーフだよね??何のセーフかは分からない。

IMAXレーザーで見たこともあり、映像の美しさは本当に素晴らしくて、冒頭の土砂降りのシーンなんてとんでもなかったですね。あんなドラマチックな画作れる!?

見るのが遅くなったことで、ツイッターで大勢の人が怒りを露わにしていたのを見てしまい、鑑賞中「受け入れられなかったらどうしよう……」という思いが渦巻いていたのですが、結論から言うと私は全体としては肯定派、かな……。めちゃくちゃ好きというほどではないが、続編として受け入れられないほど嫌いでもない、作品としてのクオリティはさすがに高い、くらい。トイストーリーシリーズでどれがいちばん好き?って聞かれたらやっぱり1作目か3作目だし。
受け入れられない部分もあるし、怒っている人が怒っている理由もわかります。(わかる……と思うけど、他の人の感想をほぼシャットアウトしてるので全然分かってなかったらごめんなさい。)
しかし「自分がこの作品を受け入れられるのか」ばかりが気になって、楽しいシーンでも心から笑えなかったのでやはり話題作はできる限り早めに見るべきですね。
すべての予定に映画を優先させて人間生活を捨てるしかない。
以下、ネタバレありの感想です。

2019年06月09日 (Sun)
実写版「アラジン」見てきました!
予告編があまり乗れなくて期待値低めで行ったのですが、意外と良かった。現代的アップデートの側面からいえば、「美女と野獣」よりずっと好きです。
以下、ネタバレ有りの感想です。

2018年12月22日 (Sat)
『シュガー・ラッシュ:オンライン』見てきましたよ!
平日の昼間に行ったせいか、子どもが多くてギャグシーンで子どもの笑い声がおこる素敵な鑑賞体験でした。
以下ネタバレありの感想です。

2018年09月16日 (Sun)

 見てきました、『プーと大人になった僕』。
 成長したクリストファー・ロビンを演じるのがユアン・マクレガーであるためにツイッターで「マーク・レントンが幻覚を見ているようにしか見えない」とか言われていましたが、もうこの“Sooner or later, your past catches up to you.”(遅かれ早かれ、過去はあなたに追いつく)っていうコピーが「T2 トレインスポッティング」じゃないですか? このコピーが「T2 トレインスポッティング」のポスターに書いてあっても全然違和感ない。

以下、ややネタバレありの感想です。

1 2 3 4 5 6  →Next
プロフィール
HN:
らいと
性別:
非公開
P R
フリーエリア