Red Notebook ディズニー 忍者ブログ
2017.04│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
ディズニーとか映画とか。All I can say is this: listen to me. My name is Raito. That is not my real name.
2014年12月27日 (Sat)

荻上チキさんの「ディズニープリンセスと幸せの法則」読みました。
「アナ雪」の革新性、ディズニープリンセスの変遷とそれに対して指摘されてきた問題点など、分かりやすくまとまっていて読みやすい一冊だと思います。
ただ、ディズニーが大好きで映画も原作もチェックしてるよ!ディズニーヒロインの変遷とかは頭に入ってるよ!って人からするとちょっと物足りないかも。

ディズニープリンセスをウォルト時代、90年代以降の第二次黄金期、「魔法にかけられて」以降の三つに分類して、それぞれプリンセス像がどのようにアップデートされてきたかが語られています。
ざっくりまとめると、「つらい境遇に耐え、王子様の助けを待つヒロイン」→「主体的に行動・冒険するヒロイン」「身分や種族を超えた恋愛」→「恋愛万能主義からの脱出」「悪役・異形なるものと社会の共生」ってかんじ。

面白いのは、ディズニープリンセスに留まらず、「シュレック」シリーズやピクサー作品についても言及していること。
「シュレック」シリーズはアンチ・ディズニーパロディの代表作なので、この作品によってディズニー作品が抱えている問題点がよりハッキリします。
そして、「シュレック2」でのチャーミング王子についての考察を読んで「やはり、これからのおとぎ話に必要なのは王子様が解放される物語なのでは……」と思いました。「シュレック」のチャーミング王子と「アナ雪」のハンス王子が抱えているものって、実は同じなんですよね。

ただ、プリンセスもの・おとぎ話もののにこだわらず、ピクサー作品についても言及するのであれば、第二次黄金期の時点で「恋愛の成就のみが主人公の幸せではない」「異形なるものと社会との共生」という図式を生み出していた「ノートルダムの鐘」を取り上げないのは片手落ちでは?という気も……。

嬉しかったのは、新たなディズニーが目指すべき指針の一例として、「リロ&スティッチ」のテレビシリーズを挙げていたこと。「リロ&スティッチ」は、ジャンバとプリークリーをゲイカップルのように描いていることからも分かるように、「家族にはいろいろな形がある」という、非常に現代的なテーマを描いているんです。

それからもう一つ言っておきたいのが、この本の前半部で語られている「アナと雪の女王」の読解について。これほど深く「アナ雪」を読み込んでいる人でも、ちょっとここ読み落としているのでは?と気になったのと、あまりに誤解している人が多くて前から気になっていたことなので、一度まとめて書いておきたいと思います。
それは、アナ雪における「真実の愛」がなんだったのか、ということ。
エルサの愛がアナの凍った心を融かした、と思っている人もいるみたいなので。

以下「アナ雪」のネタバレなので畳みます。
PR
2014年12月20日 (Sat)
初日初回で見てきましたよ!ベイマックス!



あらすじ:ケアロボットを改造して兄の敵討ちをします

以下、ネタバレを含みます
2014年12月06日 (Sat)

劇場鑑賞ぶりに『ウォルト・ディズニーの約束』を見ました。
ちなみに『メリー・ポピンズ』は映画は見てますが原作は未読です。
 


あらすじ:メリーポピンズを映画化します。


2014年07月10日 (Thu)

映画『マレフィセント』を見てきたので、ざっくりと感想をば。

結論から言うと、『アナと雪の女王』から続く、ディズニーの「過去の負債にきっちり向き合う」という姿勢が見られる好ましい作品でした。時代に合わせてアップデートしながら、おとぎ話が生き残るために必要な「再話」をしていく。というあたりに、ディズニーはまだまだ「おとぎ話」を語るつもりなんだなー、とちょっと嬉しくなりました。

続きからはちょいネタバレありの感想です。

 


2014年03月28日 (Fri)
ハンス王子が好きです。 自分でもなんでこんなに好きなのか分からないんですが好きです。(以下ネタバレあります)
Prev1 2 3 4 5  →Next
プロフィール
HN:
らいと
性別:
非公開
P R
フリーエリア