Red Notebook 忍者ブログ
2017.02│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
ディズニーとか映画とか。All I can say is this: listen to me. My name is Raito. That is not my real name.
2015年05月16日 (Sat)


全世界から8ヶ月遅れで、5/22からようやく日本公開される「メイズ・ランナー」。
ヤングアダルト小説原作、予告編からもわかるイケ☆パラぶり、そしてTwitterでの韓国姉貴たちの盛り上がり……


2015年やおい的注目映画たちでも取り上げましたが、「これは絶対に萌える!!!」と我慢できなくなった私は、海外盤Blu-rayを注文して一足お先に見ました。(その時はまだ日本公開発表されてなかったしね)
公開まで一週間を切ったところで、「メイズランナーってそんなに萌えるの?」というみなさんの疑問にお答えしようと思います(偉そう)
前述したように原作はティーン向けノベルで、ハンガーゲームからの流行である少年少女が主人公のディストピアものの流れを汲んでいます。
原作小説の宣伝文句を借りるなら、蝿の王×ハンガーゲーム×LOSTみたいな感じ。


あらすじ: 自分の名前以外の全ての記憶を失った少年、トーマスは四方を巨大な迷宮に囲まれた庭「グレード」で目覚めた。そこでは彼と同じ境遇の少年たちが力を合わせて共同生活を営み、「ランナー」と呼ばれる者たちが迷路を走って出口を探していた。


PR
2015年05月01日 (Fri)

「アナと雪の女王」、「マレフィセント」と、旧時代プリンセスストーリーの打破を試みてきたディズニーの最新プリンセスものでありながら、
予告編を見た感じでは「え……なんかめちゃくちゃ普通のシンデレラに見えるけど大丈夫かな……シンデレラとか受動的プリンセスとして1番批判されやすいやつだけど現代でこの話をそのままやって大丈夫かな……」感を出していたケネス・ブラナー版「シンデレラ」。
実際見てみたらこれがもう!素晴らしかった!!

※以下ネタバレありの感想
2014年12月27日 (Sat)

荻上チキさんの「ディズニープリンセスと幸せの法則」読みました。
「アナ雪」の革新性、ディズニープリンセスの変遷とそれに対して指摘されてきた問題点など、分かりやすくまとまっていて読みやすい一冊だと思います。
ただ、ディズニーが大好きで映画も原作もチェックしてるよ!ディズニーヒロインの変遷とかは頭に入ってるよ!って人からするとちょっと物足りないかも。

ディズニープリンセスをウォルト時代、90年代以降の第二次黄金期、「魔法にかけられて」以降の三つに分類して、それぞれプリンセス像がどのようにアップデートされてきたかが語られています。
ざっくりまとめると、「つらい境遇に耐え、王子様の助けを待つヒロイン」→「主体的に行動・冒険するヒロイン」「身分や種族を超えた恋愛」→「恋愛万能主義からの脱出」「悪役・異形なるものと社会の共生」ってかんじ。

面白いのは、ディズニープリンセスに留まらず、「シュレック」シリーズやピクサー作品についても言及していること。
「シュレック」シリーズはアンチ・ディズニーパロディの代表作なので、この作品によってディズニー作品が抱えている問題点がよりハッキリします。
そして、「シュレック2」でのチャーミング王子についての考察を読んで「やはり、これからのおとぎ話に必要なのは王子様が解放される物語なのでは……」と思いました。「シュレック」のチャーミング王子と「アナ雪」のハンス王子が抱えているものって、実は同じなんですよね。

ただ、プリンセスもの・おとぎ話もののにこだわらず、ピクサー作品についても言及するのであれば、第二次黄金期の時点で「恋愛の成就のみが主人公の幸せではない」「異形なるものと社会との共生」という図式を生み出していた「ノートルダムの鐘」を取り上げないのは片手落ちでは?という気も……。

嬉しかったのは、新たなディズニーが目指すべき指針の一例として、「リロ&スティッチ」のテレビシリーズを挙げていたこと。「リロ&スティッチ」は、ジャンバとプリークリーをゲイカップルのように描いていることからも分かるように、「家族にはいろいろな形がある」という、非常に現代的なテーマを描いているんです。

それからもう一つ言っておきたいのが、この本の前半部で語られている「アナと雪の女王」の読解について。これほど深く「アナ雪」を読み込んでいる人でも、ちょっとここ読み落としているのでは?と気になったのと、あまりに誤解している人が多くて前から気になっていたことなので、一度まとめて書いておきたいと思います。
それは、アナ雪における「真実の愛」がなんだったのか、ということ。
エルサの愛がアナの凍った心を融かした、と思っている人もいるみたいなので。

以下「アナ雪」のネタバレなので畳みます。
2014年12月26日 (Fri)

2015年来るやおいに備え、忘備録もかねて801的注目映画をリストアップしてみました。
もちろん、「期待してたけど見てみたら意外と萌えなかった」ということや、逆に「まったくのノーマークだったのにすごい801だった」というようなこともあるのですが……


2014年12月26日 (Fri)

タイトルは「この漫画がすごい!」と同じイントネーションで読んでくださいね。
さて、今年も様々な映画が公開され、腐女子の皆様におかれましてはあんな映画で盛り上がったり、こんな映画で盛り上がったりされたことと存じます。
しかしながら次々と新作が公開され、話題が移ろいやすいのが映画ジャンルの常。
私も腐女子のはしくれとして、この1年の己の萌えを記録しておくべきであろうと思い立ち、腐的に萌えた作品をまとめてみました。(単体萌えを含む)


ゆるーく公開順っぽいかんじで並んでます


Prev1 2 3 4 5 6 7  →Next
プロフィール
HN:
らいと
性別:
非公開
P R
フリーエリア